ブラックウィドゥ:天才科学者の“母”メリーナ:レイチェル・ワイズ

皆さん、超大作ブラックウィドゥで天才科学者の“母”メリーナを務める、レイチェル・ワイズをご存知ですか?

彼女はイギリス女優で、ハンガリー人の父とオーストリア人の母の元で1970年に生まれました。
出身はイギリスのウェストミンスターで、ハムステッドガーデンで育った生粋の都会っ子なのです。彼女はとても優秀な人材で、ケンブリッジ大学で英文学を学んだ秀才女優でもあります。秀才女優としてはグィネスパトロゥやナタリーポートマンも有名ですが、彼女もなかなかなものです。
在籍中にエジンバラの演劇フェスティバルで入賞したのがきっかけで女優の道を歩むようになりました。ハリウッドデビュー後には、途中で一度芸名を変更していますが、かなりの不評でまたレイチェル・ワイズに戻したそうです。

現在はドリームハウスで共演をした、007でも知られているダーレン・クレイグと結婚生活をお送っています。撮影現場でもとてもラブラブだったようで、その後急接近。しかしこの時はまだ双方にパートナーがいた状態でしたので、交際説は両者否認。しかし、そのラブラブぶりには隠せるものがないほどだといわれています。しかし、その後わずか六ヶ月で入籍。ニューヨークで静かに挙式が挙げられました。ダーレンは2度目の結婚となりますが、レイチェルの方は初婚でありました。
ふたりは昔からの知り合いでとても仲がよく、今でも仲良し熟年夫婦として有名です。2018年に2番目の長女が誕生しています。

主な主演作品

● デスマシーン
● チェーンリアクション
● I Want You
● アバウト・ア・ボーイ
● ドリームハウス
● レチェル
など、他39作品に出演しています。
第63回ゴールデングローブ賞助演女優賞などを獲得しています。

主な活動

ハリウッドでの天才女優業意外にも多忙なレイチェル。
エイズ撲滅運動などにも勢力を注いでいる敏腕女優なのです。49歳とはとても思えない美貌の持ち主で特に目立った行動等もなく女優さんの中ではかなり優秀な方でもあります。
普段の私生活でも過程をきちんとも守り通している、まさに「良妻賢母+女優」といったところでしょうか?

そしていよいよブラックウィドゥが!

コロナウィルスで延期となっていたこの映画がいよいよ開幕に。スカーレットヨハンソン率いるこの映画に、天才科学者の“母”メリーナ役を務めます。
マーベルファンの注目を一気に集めているこの映画、彼女の白熱する演技に期待が寄せられます。