Agent Zero:クリストフ・ノード

画像提供:マーベル

西ドイツの自由の闘士として、旧東ドイツでクリストフ・ノードは産まれました。東と西に別れてしまった兄弟は、結果的に互いに戦う羽目に。兄弟を殺すことを余儀なくされたノードは負傷し病院へ。
そこでジネッタと恋に落ち、彼女はノードの子を身篭りますが、実はこのジネッタは二重スパイだったのです。そして悲しいことに、ジネッタを暗殺してしまうことを余儀なくされてしまいます。
度重なる最愛の人との戦いの後、ノードは中央情報局のウェポンXプログラムへの参加申し込みを受けることに。

マーベル映画シリーズをよりよく知る豆知識、初回はコードネームMaverick(マーベリック)。

Maverick誕生

秘密作戦ユニットTeamXに参加をし、ノードはクリスト・フノードからディビット・ノードへ変更し、コードネームMaverick(マーベリック)を取得します。

数十年前にチームXによって盗まれたデバイスであるCarbonadiumSynthesizerを、ミュータメントパワーを安定させるために必要としていました。
オメガリットは、Maverick(マーベリック)の元チームメイトである、
記憶にCarbonadiumSynthesizerのありかを知っているウルヴァリンを捉え、チームメイトが数名XーManに居ることを知る。
オメガリットがデバイスを入手するの防ぐため、元チームXのリエゾンのアーサー・バーリントン少佐に雇われることに。
バーリントンはMaverick(マーベリック)を、XーManのテレパシーの創設者である、チャールズザビエル教授の父の名のつく文書「ザビエルファイル」の回収へ派遣しました。

その後、レガシーウィルスに感染したことを機に、同じウィルス感染者であるクリス・ブラッドリーと兄弟の絆を結ぶことに。

後に、Maverick(マーベリック)は、ロシアの犯罪者イワンプーシキンに囚われるも、科学者たちはMaverick(マーベリック)に心に虚偽の記憶を埋め込み、バリントンが妻の裏切りに責任を負っていると信じ込ませたのです。結果として、Maverick(マーベリック)は、精神的操作を回避しました。

悲しいことに、Maverick(マーベリック)は、左目をくり抜かれ、スイスのアルプスで死んでしまいます。しかし、生き返ることができたMaverick(マーベリック)は、ウェポンXプログラムに参加することに。そして、この時にエージェントゼロになるために、遺伝子を組み替えられたということになります。

ゼロとしての最初の任務は、ウルヴァリンを暗殺することでした。