Category Archives: 映画

Disney Deluxe

 

マーベルファンなら絶対に入っておきたい、ドコモとディズニーが共同で提供している動画配信サービス『Disney Deluxe』。マーベル ネットフリックスでも当然視聴が可能な番組が多いものの、アベンジャーズファンには嬉しいプログラム構成が発表されました。

テレビ、スマートフォン、タブレット、PCで最大5台までご登録が可能で、あらかじめ作品をダウンロードしておくことで、電波の届きにくい場所、オフラインの環境や移動中などでも動画が楽しめます。

 

現在Disney Deluxeで配信されている、マーベル映画シリーズ

マーベル映画最新作の「ブラック・ウィドウ」は延期になったものの、ぜひこの機会に『Disney Deluxe』で全てのストーリーを把握しておいてはいかがでしょうか?
下記の作品全てが、この映画の連続ものなのではありませんが、ストーリー内のどこかで必ず他のストーリーが必ずリンクしているのです。

ここがマーベルの素晴らしいところだと言えるでしょう。

 

  • アイアンマン2
  • マイティ・ソー
  • キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー
  • アベンジャーズ
  • アイアンマン3
  • マイティ・ソー / ダーク・ワールド
  • キャプテン・アメリカ / ウィンター・ソルジャー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン
  • アントマン
  • シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ
  • ドクター・ストレンジ
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス
  • マイティ・ソーバトルロイヤル
  • ブラックパンサー
  • アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー
  • アントマン&ザ・ワスプ
  • キャプテン・マーベル
  • アベンジャーズ / エンドゲーム

 

現在Disney Deluxeで配信されている、マーベルドラマシリーズ

  • エージェント・カーター    【シーズン1〜2】
  • エージェント・オブ・シールド 【シーズン1〜6】
  • マーベル ランナウェイズ   【シーズン1】
  • マーベル クローク&ダガー
  • マーベル インヒューマンズ

エージェント・オブ・シールドは、映画『アベンジャーズ』のその後の世界が舞台にされており、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D(シールド)の活躍がストーリーとなっています。

 

「ブラック・ウィドウ」

最新作のこの映画、予告編で少し予習しておきましょう。

本編は、S.H.I.E.L.D.のエージェントやアベンジャーズの一員として戦っていたブラックウィドゥが、以前はロシアのスパイであり暗殺者であった過去を振り返り、何かを決断するというというところから始まります。
この何かを決断させた過去が明らかになるという、絶対に見逃せない1本であるといえます。

ブラック・ウィドウ (映画)

マーベル コミック 映画のキャラクターを基盤にした、スーパーヒーロー映画が上陸。豪華キャストな上に、スクリーンから目が離せないほどハラハラ・ドキドキさせてくれるこの映画は、マーベル シネマ ユニバースの24作品目となります。2019年5月末からノルウェーで本作の撮影が開始され、いよいよ今年2020年日本へ上陸します。

孤高の暗殺者だったブラック・ウィドウがなぜアベンジャーズになったのか、知られざる物語がこのマーベル 順番24作品目で明らかにされます。

物語の舞台は「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ(2016)」の直後、『アイアンマン2』で初登場した、ブラック・ウィドウが故郷(アベンジャーズ 基地)に帰ってきたところから始まります。孤独な暗殺者だったブラック・ウィドウがアベンジャーズとしての使命にたどり着いたのか?
ブラック・ウィドウにとって、アベンジャーズとは別のもう一つの“家族”でもありますが、この再開の裏にある何者かに仕組まれた真実とは一体何なのか? など、ブラック・ウィドウの過去や秘密が明らかにされます。

“妹”エレーナとの会話から、 かつて彼女達自身も厳しい訓練を受けた“レッドルーム”がいまだ多くの女性達を鍛錬し、 洗脳状態に置いていることを知ってしまいます。妹をそこに残したまま、ヒーローになった自分を後悔するブラック・ウィドウですが、“母”メリーナ、そして“父”アレクセイら“家族”との再会によってついにその過去と正面から対峙することとなります。この家族を執拗に追ってくるのは、レッドルームの女性暗殺者集団“ウィドウズ”と、その支配者。キャプテン・アメリカの盾を操る能力、 ホークアイの百発百中の弓の技、ブラックパンサーの爪を使った戦闘スキルをコピーし、ブラック・ウィドウに襲いかかってきます。

 

キャスト

 

ブラック・ウィドウ:スカーレット・ヨハンソン

1984年11月22日生まれのアメリカ人女優。幼少から演劇教室に通い、8歳の時にオフ・ブロードウェイで舞台デビューしています。最初に大きく注目されたのは2003年の『ロスト・イン・トランスレーション』と『真珠の耳飾りの少女』で、国内外の映画賞を受賞。2010年の『アイアンマン2』から、ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ役で出演しています。

 

ブラック・ウィドウの“妹”エレーナ:フローレンス・ピュー

2018年の映画『トレイン・ミッション』で注目されたイギリス人女優フローレンス・ピューが、ナターシャの妹分のスパイ。2019年には『へレディタリー/継承』(2018年)のアリ・アスター監督による『ミッドサマー』に主演している。

 

天才科学者の“母”メリーナ:レイチェル・ワイズ

『女王陛下のお気に入り』(2018)のレイチェル・ワイズが、ナターシャとともにスパイ訓練を受けるメリーナ・ヴォスタコフ役で出演。

 

“父”アレクセイ=レッド・ガーディアン:デヴィッド・ハーバー

Netflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で知られるデヴィッド・ハーバー。2019年にはアメコミ映画『ヘルボーイ』に主演。

 

ネットフリックス とマーベルは相性が良く、「マーベル ネットフリックス」とも呼ばれています。ネットフリックス アベンジャーズが視聴できる日も、そう遠くはありません!

「ザ・ニュー・ミュータンツ」


2020年4月3日公開の「ザ・ニュー・ミュータンツ」は、「PG-13指定の怖い映画」と言われています。ウォルト・ディズニーと事業統合前に手がけたこの映画は、X-MENの青春ホラー版となります。
この映画は、これまでに制作された12作品とは違った構成となっていて、今までの世界を救うストーリーとは全く異なるジャンルとなっています。

本来は2018年に全米公開予定でしたが、完成直前までクオリティに精を入れ込んだため少し延期となっていました。ホラー映画としての面白みを増すためにキャストを増やしたりなど、クオリティーを重視したために遅れが出てしまったことのほか、ディズニーとフォックスが業務提携を結んだことも含まれているといわれています。


【あらすじ】

目を覚ますと拘束された状態で医師より「普通の少女ではない」と告げられるダニエル。この後、病院(収容所)で同じように宣告された4人と出会うことになる。
これは、多くのミュータントを失ったプロフェッサーXの、新たに若いミュータントを集結させたチームを結成するという事が目的でした。施設に収容されている5人のミュータントは、施設に収容されている間に各々の能力を開花させることとなります。
しかし、ここは隔離施設であったということが判明し、迫り来る敵と戦いながらこの場所を脱出しようと試みる。

【キャスト】

ラーネ・シンクレア/ウルフスベーン(メイジー・ウィリアムズ)
『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011〜2019)でアリア・スタークを演じた女優。今回の映画では、彼女は狼人間を演じます。

イリアナ・ラスプーチン/マジック(アニャ・テイラー=ジョイ)
映画『スプリット』(2016)で多重人格者に誘拐される女子高生ケイシー・クックを演じた女優。今回は、魔術や戦闘術を扱う少女役。

ダニエル・ムーンスター/ミラージュ(ブルー・ハント)
Netflix のSFドラマ『アナザー・ライフ』などに出演している女優。

サム・ガスリー/キャノンボール(チャーリー・ヒートン)
Netflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス』(2016〜)主人公グループのひとりを演じた俳優。今回の映画では、身体から高熱を発し、ロケットのように飛行する少年役。

ロベルト・ダ・コスタ/サンスポット(ヘンリー・ザーガ)
Netflixドラマ「13の理由」の俳優。

セシリア・レイエス(アリシー・ブラガ)
2007年『アイ・アム・レジェンド』や『プレデターズ』に出演した女優。この映画では、バリアを張る能力の持ち主で、外傷外科の医学博士の役を演じます。