disney+ マーベル

2021年に入って間もなく、disney+マーベルの時代の幕開けとなります。

既存のドラマや映画は既に配信済みであるとされていますが、気になるのは今後放映されていくアベンジャーズシリーズではないでしょうか?
アベンジャーズシリーズについては、今後各メディアで大きく取り上げられてはいきますが。まずは新年が明けて放映される2作品をピックアップ。

と、その前に・・・


disney+ マーベルのドキュメンタリーを放映

Disney傘下のマーベルエンターテイメントが、マーベルシネマティックユニバースのドキュメンタリーをDisneyオリジナルで放映しているのは、ご存知でしたか?タイトルは「Marvel’s616」。

第一話はなんと日本版スパイダーマンとあって、見逃すわけにはいかない初回作品となっています。

続いては、年明け早々お楽しみとなっている2シリーズのお知らせ。

WandaVision(ワンダヴィジョン)

初演日 2021年1月15日   エピソード数:6

キャスト:エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、キャスリン・ハーン、ランドール・パーク、カット・デニングス、テヨナ・パリス

「狂気のマルチバース」のドクターストレンジに通じている、現実化したスカーレットウィッチの頭の中の妄想ファミリーがストリー展開となっているため、映像はレトロ感あふれる1950年代風の撮影となっています。
監督は、マックシャックマンで、ブラックウィドゥやキャプテンマーベルのマットシャックマンがショーランナーを務めていきます。

The Falcon And The Winter Soldier(ファルコン&ウィンターソルジャー)

初演日 2021年初頭   エピソード数:6

キャスト:アンソニー・マッキー、セバスチャン・スタン、エミリー・ヴァン・キャンプ、ワイアット・ラッセル、ダニエル・ブリュー

エミリー・ヴァン・キャンプが、元S.H.I.E.L.D.のシャロンカーターとしてウィンターソルジャーの役を再演し、ダニエルブリューは、南北戦争の悪役ヘルムート・ゼモとして舞い戻ってきています。
さらに話題となっているのが、コミックバージョンでSuper-Patriot(スーパーパトリオット)というタイトルでスーパーヴィラン役であった、ワイアットラッセルも復活。撮影開始は2019年11月でしたが、パンデミックにより中断されていました。2020年8月のデビューを予定されていた、ファルコン&ウィンターソルジャーがいよいよ2021年Disney+からお目見えします。

画像提供:collider